遮熱フィルムは、ほんとうに有効?
この夏に向けて、節電の大合唱を受け、
住宅の遮熱、断熱がかしましいところです。

特に、遮熱フィルムへの問い合わせが多くあります。
むろん、これまで設計させていたクライアントからのものなのですが、
簡単に「有効ですよ!貼りましょう!」とは、応答できないでいました。

クライアントの方々は、すぐにも始まる「暑い!熱い!夏」を思ってのことなのですが、
「ちょっと、まった!」と、ひげ爺のひと声が聞こえてきそうなのです。

夏は、効果てきめん。クーラーの負荷軽減に大きく寄与したとしても、
冬はどうなの?と、問うてみたくなりました。

冬にも、同様に遮熱されるのです!
その時には、せっけく貼った遮熱フィルムを剥がすのでしょうか?

検討の結果この度は、窓の外にキャンバス地を用いたオーニング(可動庇)と
垂直に上下するスクリーンを採用することになりました。
効果のほどは、あと一ヶ月ほどで答えが出ましょう。
またご報告したいと思います。

工事にかかる費用は、むろん採用したオーニングの方が高いですが、
冷暖房時にかかるランニングコストを含めて考えてみる必要がありそうです。

(wa)
[PR]
by kob-assoc | 2011-06-22 18:48 | リノベーション/改修
<< まぶしい!! 柳に芽 >>



フルオーダーメイド住宅&リノベーションの設計を得意とする建築設計事務所です。
by kob-assoc